水島鉄工所の歴史 history

会社沿革COMPANY HISTORY

1917年(大正06年) 05月高崎市高砂町において鋳物鋳造と機械加工工場を創設
1933年(昭和08年) 01月合名会社水島鉄工所に改組資本金12万円とする
1956年(昭和31年) 11月資本金200万円に増資する
1958年(昭和33年) 10月株式会社水島鉄工所に改組し資本金500万円に増資する
1965年(昭和40年) 04月新工場を現在地に新築移転して資本金1,000万円に増資する
1965年(昭和40年) 04月低周波電気炉3屯1基を導入し、従来のキューポラを撤去
1965年(昭和40年) 04月低周波電気炉5屯1基を増設する
11月資本金2,000万円に増資する
1974年(昭和49年) 09月自動造型装置ライン(AR-730 太洋鋳機製)を導入
11月資本金3,000万円に増資する
1976年(昭和51年) 09月当社代表取締役 水島利夫の死去により水島一夫が代表取締役に就任する
1978年(昭和53年) 07月有機自硬性鋳砂再生装置混練装置1式を設備する
1981年(昭和56年) 09月連続式砂処理装置1ラインを導入する
1983年(昭和58年) 09月真空型発光分析装置(GVM-1000S 島津製)を設備する
1984年(昭和59年) 03月NC制御横中ぐり盤(110mm 東芝製)1基を導入する
09月荷重試験機(スパン 1500mm 東京衡機)1基を設備する
12月単能自動旋盤(マンホール専用 関口製)を2台を導入する
1985年(昭和60年) 09月二次元CAD/CAM(Easy Draf2 武藤製)を1台導入
09月ガス加熱焼鈍炉(2000W 3000L 1500H)を更新設備する
1986年(昭和61年) 08月二次元CAD/CAM(Easy Draf2 武藤製)を1台増設
10月当社代表取締役水島一夫の会長就任により水島直定が代表取締役社長に就任する
1988年(昭和63年) 05月全自動静圧造型装置(APS-5Z 新東製)及び砂処理装置1式を更新設備する
1990年(平成02年) 03月鋳造品(鉄系)球状黒鉛鋳造品の日本工業規格表示許可工場に認定される
09月鋳造工場における中子製造を集約して中子工場を増設
1991年(平成03年) 08月二次元CAD/CAM(Vision 武藤製)を2台更新導入する
1992年(平成04年) 09月厚生棟・事務棟を新築更新する
1993年(平成05年) 07月事務・工場用コンピュータを接続PCランネットワークシステムを構築する
1994年(平成06年) 09月NC立型旋盤(マンホール用 OEM製)を1台増設導入する
1995年(平成07年) 01月資本金4,404万円に増資する
12月真空型発光分析装置(PDA5520 島津製)を更新設備する
2001年(平成13年) 01月ISO9001認証取得(通信用・下水道用鉄蓋の設計及び製造)
2002年(平成14年) 05月鉄蓋塗装をカチオン電着塗装に変更し、塗装工場を増設
2006年(平成18年) 02月新JIS表示許可工場 JW0307025に認証される
2013年(平成25年) 10月水島直定 会長就任 水島高弘 代表取締役社長就任
2016年(平成28年) 10月門型五面加工機(東芝機械 MPF-2614FS)を1台導入する
12月高周波電気炉4屯1基を導入し、従来の低周波電気炉2基を撤去する
2017年(平成29年) 05月創業100年を迎える
鋳物に関するご相談・お問合わせはお気軽にご連絡ください
027-361-4010受付:8:00~17:00(平日)