生砂造型 greensandmold

生砂造型についてGREENSAND MOLD01

砂を高圧力で固めた砂型に注湯する製造プロセスで
中子を用いて複雑な形状も製作可能です

生砂造型は、金型を用いた造型のため、量産品に長けています。生砂造型の特長としては、ほかの鋳造方法と比べて造型するスピードが速く、注湯後の鋳造品の取り出しが容易です。製造の際のメリットだけでなく、型を繰り返し使用できるメリットもあります。自動車部品等の大量生産が必要な鋳造品に非常に適しており、生砂造型は造型の中でも広く知られている手法です。

生砂造型の工程についてFLOW

  • 01
    中子の製作
    01.中子の製作
    中子が必要な製品に対して、中子の製作を行います。
    レジンでコーティングされている砂粒を使用し、熱した金型にコーティングされている砂を吹込み中子の製作を行います。
  • 02
    砂型の製作
    02.砂型の製作
    砂を自動造型機に流し、静圧力で強度の高い砂型をつくります。中子を自動造型機にセットします。
  • 03
    注湯(球状化処理)
    03.注湯(球状化処理)
    炉から溶かした鉄(溶湯)をトリベと呼ばれる小さい容器に移し、マグネシウム,カルシウム,メッシュメタルなどの反応性の高い元素を使用し、球状化処理を行います。 処理を行ったのち、注湯機にのせ砂型に溶湯を流し込みます。
  • 04
    堰折り・ショット
    04.堰折り・ショット
    溶かした鉄(溶湯)を冷まし後、鋳造品についている押湯や湯口等の不要なものを堰折り機を用いて切り離します。不要なものを切断した後、ショットブラストを使用し、鋳造品についている砂などを綺麗に落とします。

鋳物に関するご相談・お問合わせはお気軽にご連絡ください
027-361-4010受付:8:00~17:00(平日)