フラン造型 flanresinmold

フラン造型についてFLAN RESIN MOLD01

  • 最も少ない樹脂添加量で
    高い強度を得られる造型法

    フラン造型の特徴として挙げられるのは、有機自硬性の中でも最も少ない樹脂添加量で、高強度を得ることが出来る造型法です。高い強度だけでなく、砂のリサイクル性も非常に高く、日本国内で最も採用されている有機自硬性鋳型です。 その他の特徴として、樹脂の添加量が少なく樹脂の粘性も低いため、混練砂の流動性が良いため鋳型の密度が高く、寸法精度の高い鋳造品が製作可能です。

有機自硬性砂型の工程についてFLOW

  • 01
    中子の製作
    01.中子の製作
    中子が必要な製品に対して、中子の製作を行います。
    レジンでコーティングされている砂粒を使用し、熱した金型にコーティングされている砂を吹込み中子の製作を行います。
  • 02
    砂の充填・塗型
    02.砂の充填・塗型
    鋳型の砂づまりを均一にし、鋳造方案に基づき砂づまりを均一に充填します。その後、塗型を行い鋳肌を改善や、焼付防止目的で鋳型表面に塗型剤を塗り、含有されているアルコールに火を付けることによって十分に乾燥させます。
  • 03
    注湯(球状化処理)
    03.注湯(球状化処理)
    炉から溶かした鉄(溶湯)をトリベと呼ばれる小さい容器に移し、マグネシウム,カルシウム,メッシュメタルなどの反応性の高い元素を使用し、球状化処理を行います。 処理を行った後、注湯機にのせ砂型に溶湯を流し込みます。
  • 04
    堰折り・ショット
    04.堰折り・ショット
    溶かした鉄(溶湯)を冷まし後、鋳造品についている押湯や湯口等の不要なものを堰折り機を用いて切り離します。不要なものを切断した後、ショットブラストを使用し、鋳造品についている砂などを綺麗に落とします。
鋳物に関するご相談・お問合わせはお気軽にご連絡ください
027-361-4010受付:8:00~17:00(平日)